動画で収入を得たい

あなたの趣味が収入源に?特技を生かして動画作成!

広告をうまくいれるために

一度は聞いたことがあるであろう動画による収入。

聞く話だととても儲かるとか、簡単とか聞きますよね。
私もその話には夢を見ます。
試しに動画を投稿してみたのですが全く持って成果が出ません。
やみくもにやってもダメなんですね。
では、どのような収入が入ってくるのかご説明します。

まず、収入のご説明からです。
大きくは広告収入です。
動画が流れる際に一緒に出てくる広告ですね。
広告にもいくつか種類があります。
一番安定して広告収入があるのは動画を再生している時に流れる広告です。
広告収入のなかで一番収入率の良いものです。
大体広告収入全体の6割を占めています。

次に動画の中に表示される広告です。
バナーが貼ってありそれがそのまま広告になるのです。
これが約3割です。

さらに動画の隣に出てくる広告ですね。
これは何割と言えるほどの収入にはなりませんが、でも収入として入ってくるのは確実です。
ですから、率は低いですけど外せない収入源なんです。

さらに紹介料をもらうことができるアソシエイト。
商品の紹介動画をあげて購入してもらい、そこから数%の手数料をもらう方法です。

ほかに、有名になり影響力が出てくるとスポンサーがつく動画というのもあります。
スポンサーがとくということは会社の商品を何かしら紹介するものです。
これは、アソシエイトとは違くスポンサーから紹介料や手数料が入るものです。

これらを意識して参考にした動画づくりをされてみてはいかがでしょうか?

動画投稿で収入を得る方法

動画を紹介するにあたり表示される広告収入についてです。 動画を再生されるにあたり表示される広告です。 動画づくりにも大変重要になってきます。 広告が表示される仕組みを理解したうえで動画を作成しましょう。 動画でのおおまかな収入源は広告によるものです。 仕組みをわかっていれば収入もアップするはずです。

広告と商品紹介手数料

広告収入の率は低いですが、決して広告の効果がないわけではないものをご紹介しています。 広告収入の最後の紹介です。 目につきにくい広告なのでクリックされる可能性は低いです。 ですが、全然効果がないわけでもないのです。 さらに広告収入に限らず別な方法で収入を得ることもできます。 その方法もご紹介しています。

再生回数が多くなる動画の作り方

最後に、動画配信者の最大の目的であるものもご紹介しています。 動画の広告収入に頼らず収入を得るものです。 動画配信者の目的は収入を得ることです。 収入を得る際に広告に頼るのではなくて企業スポンサーを獲得することです。 再生回数や視聴者の多い動画は宣伝にはうってつけですからスポンサーもつきやすいです。

おすすめリンク

映像制作会社の仕事

映像制作会社の仕事内容について調べました。メディア関連の仕事をしたい方は要チェックです!

TOP